HOME>記事一覧>遺産として譲り受ける可能性などもしっかり考えよう

トラブルを防止しよう

男女

西東京市の不動産価格は、決して上がりはしていないものの、土地を入手することにより、マイホームを建てる、賃貸経営、土地活用などの目的別利用が可能になります。実家の不動産の権利について、相続トラブルも決して珍しくありません。売却するなら売却代金の分配、賃貸とするなら管理費用の負担について一致させるなどを助言してくれる、弁護士あるいは不動産業者に相談しましょう。

請求が通る可能性

女性

不動産は財産であり、西東京市でも引き継ぐ者がいますし、複雑な関係が生じる場合もあります。そこで知っておきたいのは、相続人には相続財産の増殖に貢献した者に生じる寄与分の制度があることです。2018年に成立した相続法改正で、特別の寄与をした相続人以外の親族による特別寄与料の請求も認められていることも知っておきましょう。

安心した住まい方

積み木

西東京市では不動産の相続問題の相談に、弁護士が介入してくれます。配偶者に認められる相続上の権利について、知らないのならば活用しましょう。配偶者は、居住や遺産分割において手厚い保護を受けることができます。このことによって、他の相続人が建物を空き家として利用することは難しくなるようです。残される配偶者が安心して暮らしていけるように、居住用不動産が贈与、遺贈されるのです。

空き家の問題解決

住宅模型

西東京市には、空き家となる不動産もありますし、後に空き家になる可能性のある不動産もあるでしょう。例えば、親が他界した先々を考えれば、自宅の相続に関して自筆証書遺言を遺すことを考えなければなりません。制度に関する見直しを、不動産や法律の専門家に相談しましょう。要件の緩和や一部分割に関する規定が重要視されています。

広告募集中